プログラムの詳細

キラリふじみ・レパートリー新作
『僕の東京日記』

キラリふじみ・レパートリー新作  『僕の東京日記』

※公演チラシはこちら

作品について

転換期に生きた「日本人」を再発見する
永井愛が大きく転換する時代を生活者の視点から描いて、劇団「二兎社」の新機軸となった「戦後生活史劇三部作」。その第三部をして1996年に初演された『僕の東京日記』を、アソシエイト・アーティストの田上豊の新演出で、個性豊かな俳優陣と共にお贈りします。
1971年秋。大学1年生の原田満男は、親からの「自立」を宣言し、東京は高円寺のアパート春風荘で下宿生活を始める。このアパートに住んでいるのは、反戦運動家、新劇女優、チンピラのクリーニング屋、ヒッピーなど、風変わりな面々。満男は、時代と彼らに振り回される日々のなか、思いもよらない事件に巻き込まれてく―――。

********************************
キラリふじみのアソシエイト・アーティストである永井愛さんの戯曲『僕の東京日記』をキラリふじみのレパートリー作品として創作させていただけることになりました。
本作は70年安保に揺れていた時代の物語で、いろいろな人たちが様々な立場で揺れ動きぶつかりあうユーモアあふれる青春群像劇です。
2017年の現在においてこの作品を上演する意義と葛藤を胸に秘め、キラリでしか見ることのできない新しい『僕の東京日記』を創出したいと思います。
                                     田上豊
********************************

演出など 作:永井愛
演出:田上豊
出演 高橋義和(FUKAIPRODUCE羽衣) 能島瑞穂(青年団) 
羽場睦子 用松亮 内田淳子 静恵一(サミットクラブ)
平嶋恵璃香(ブルーエゴナク) 尾崎桃子 伊藤昌子 
大竹直(青年団) 長尾純子 寺田剛史(飛ぶ劇場)
木引優子(青年団) 中林舞 三村聡 
野坂弘 梅村綾子(文学座)
スタッフ 舞台美術:濱崎賢二 照明:伊藤泰行 音響:泉田雄太
衣裳:臼井梨恵(モモンガ・コンプレックス)
演出助手:久保大輔
舞台監督助手:小池あけみ 
舞台監督:白石英輔(クロスオーバー)
宣伝美術:内田あみか  宣伝写真:北川姉妹 
宣伝ヘアメイク:石河恵
お問合せ 富士見市民文化会館キラリふじみ 049-268-7788
主催 公益財団法人キラリ財団
備考 協力:岡村本舗 株式会社ALBA 55visio 青年団 
田上パル ディアクロス・エンタテインメント 飛ぶ劇場 
二兎社 FUKAIPRODUCE羽衣 プリッシマ 
ブルーエゴナク 文学座 ユマニテ レトル

平成29年度文化庁 劇場・音楽堂等活性化事業


公演情報
  • 日程
    2017年9月15日(金)~19日(火)
  • 開演時間
    15(金)19:00
    16(土)14:00
    17(日)13:00/18:00
    18(月・祝)14:00★
    19(火)14:00
    ★=アフタートークあり
  • 会場
    マルチホール
  • 公演に関する備考
    受付は開演の60分前、開場は開演の30分前より

チケット情報
  • チケット発売日
    7月8日(土)
  • 座席指定
    日時指定・全席自由・整理番号付
  • チケット料金
    一般3,000円 高校生以下1,000円
  • 備考
    ・未就学児童の入場はご遠慮ください
    ・団体での鑑賞も承っております。ッ詳しくはお問合せください。
  • チケット取扱
    当館:(購入方法はこちら)
    ■オンライン購入
    オンラインチケット(外部リンク)
  • 保育サービス
    17日(日)13:00公演のみ
    5名まで
    申込締切:9月10日(日)
    詳細はこちら

 
●関連企画●
キラリふじみのアトリエ
『僕の東京日記』を語る&稽古場公開

スピーカー:永井愛、田上豊
日時:9月3日(日)13:00~
会場:アトリエ
※詳細はこちら



前のページに戻る