プログラムの詳細

genre:Gray(ジャンル グレイ)
KUROSOLO参番 『涯なし』

genre:Gray KUROSOLO参番 『涯なし』

※公演チラシはこちら

作品について

あやつるほどに苦しくて、あやなすほどに愛しくて。
人形と人形遣い二人きり、夢とうつつの修羅もよう。

漆黒の舞台に白く浮かびあがる人形と、黒衣の人形遣いとが繰りひろげる終わりのないモノ語り。
「涯なし」は現代の傀儡女(くぐつめ)と称される黒谷都の40数年に及ぶキャリアの後半の代表作のひとつであり、苦楽をともにした人形との愛と葛藤を表現した演目です。
岡本芳一書き下ろし「夢のうつつ・現つのゆめ」シリーズ番外の「ハッピーエンド」として2002年いいだ人形劇フェスタで初演。以来、チェコ、ブルガリア、韓国など国内外で公演を重ね(2010年「涯なし」と改題)、2013年ロシア・オムスク国際人形演劇祭で最高女性演技者賞、2014年にはロシア・クルガン国際人形演劇祭でグランプリ受賞。同年、セルビア・スボティツァ国際青少年演劇祭では特賞〈概念的且つ最高の芸術的成果に対して〉に輝きました。
本公演は国内初の劇場ソロ公演であり、グランプリ獲得時と同じスタッフで臨みます。
人形と人形遣いが紡ぎだす濃密な世界を、どうぞお楽しみください。

演出など 人形遣い:黒谷都 人形美術:渡辺数憲  
原案:岡本芳一 作劇:黒谷都 岡本芳一
スタッフ 音響:中村嘉宏 音構成:山口敏宏 照明:しもだめぐみ 舞台監督:荒牧大道
協力:鄒思揚 森仁美 月の娘たち 
宣伝美術:富永光昭(写真) 田原政輝 神山武生 
PV作成:御所園翔太
お問合せ 富士見市民文化会館キラリふじみ 049-268-7788
主催 公益財団法人キラリ財団
備考 平成29年度 文化庁 劇場・音楽堂等活性化事業

【関連企画】
人形遣い黒谷都によるワークショップを行います。
日程 7/16(日)13:00~16:00 
申込 5/26(金)より電話、オンライン申込または直接来館にて
※詳細・お申込みはこちらをご参照ください。(リンクは申込開始の5/26より有効となります)


公演情報
  • 日程
    2017年8月25日(金)~26日(土)
  • 開演時間
    25(金)19:30
    26(土)15:00
  • 会場
    マルチホール
  • 公演に関する備考
    ※開場は開演の30分前、受付は開演の60分前より。
    ※両日ともにアフタートークを開催します。

チケット情報
  • チケット発売日
    6月10日(土)
  • 座席指定
    日時指定・全席自由・整理番号付
  • チケット料金
    一般 3,000円 大学生 2,000円 高校生以下 1,000円
  • 備考
    未就学児童の入場はご遠慮ください。
  • チケット取扱
    ・当館:(購入方法はこちら)
    ■オンライン購入
    オンラインチケット(外部リンク)

    ・genre:Gray 
  • 保育サービス
    26(土)のみ
    5名まで
    申込締切:8月19日(土)
    詳細はこちら



前のページに戻る