プログラムの詳細

キラリふじみ
橋爪功・夜の朗読

キラリふじみ  橋爪功・夜の朗読

撮影:青木司

作品について

橋爪功がうみだす傑作ドラマの世界
日本の現代演劇界屈指の名優であり、語りの名手としても名高い橋爪功による朗読企画、第7弾です。
昨シーズンは、演劇集団円の気鋭の演出家 内藤裕子とタッグを組み、山川方夫の『お守り』と、島尾敏雄の『鉄路に近く』を取り上げ、人間の心の機微を味わい深く表現して、多くの観客を魅了しました。
聴く人の想像力を限りなく掻き立てる橋爪功が、今シーズンも、たった一人の俳優の朗読とは思えない濃密でダイナミックなドラマ空間を創り出します。
キラリふじみでしか体験することのできない特別な一夜の朗読をどうぞお見逃しなく。

これまでの朗読作品(演出:森新太郎(2011~2014年)、内藤裕子(2015~2016年))
2011年 芥川龍之介『杜子春』筒井康隆『走る取的』
2012年 井伏鱒二『山椒魚』筒井康隆『関節話法』
2013年 鶴屋南北原作 フジノサツコ脚本 『四谷怪談』
2014年 向田邦子『かわうそ』芥川龍之介『藪の中』
2015年 平野啓一郎『消えた蜜蜂』―新潮社「透明な迷宮」より― 
柳家小三治『ま・く・ら』より「駐車場物語」
2016年 山川方夫『お守り』 島尾敏雄『鉄路に近く』

出演 橋爪功
お問合せ 富士見市民文化会館キラリふじみ 049-268-7788
主催 公益財団法人キラリ財団


公演情報
  • 会場
    メインホール

※詳細は決定次第、チラシやホームページ等でお知らせいたします。

チケット情報

※詳細は決定次第、チラシやホームページ等でお知らせいたします。



前のページに戻る