プログラムの詳細

キラリふじみのアトリエ

キラリふじみのアトリエ
インフォメーション

劇場に生まれる「対話の広場」で、
地域の文化を発見し、
未来のまちのかたちをヴィジョンする。


今シーズンのテーマは食文化。
生活と切り離せない「食」。
それが富士見の中でどういう文化をうみだしてきたのか、今を生きる私たちにどう関わっているのか。そしてこれからの未来をどう創り出していくのか。
地域で「食」に関わる活動をしている人たちを劇場に招いて、レクチャーやワークショップを行います。

もうひとつのテーマは「舞台芸術」。
演劇、音楽、伝統芸能など、幅広いジャンルを題材に、レクチャーやワークショップを行います。

今シーズンのアトリエ
***今シーズンのキラリふじみのアトリエは終了しました。****
・映画のつくり方~ワークショップという方法~
『ソーシャル・ドキュメンタリー 現代日本を記録する映像たち』(※1)で「〈ソーシャル・ドキュメンタリー〉をめぐる40人」に選ばれた映像作家 岡本和樹氏。作シーズンから富士見市を舞台にドキュメンタリー映画をつくるワークショップを行い、5月からは第2弾となるワークショップ『食べること 生きること』に取り組みます。
ワークショップの開催に先駆けて、岡本さんがなぜワークショップという手法で映画づくりを行うのか、その方法や映画づくりに込める想いを語ります。
また、川口市で作った『うつろいの木』(※2)に脚本指導として参加した小説家 大鋸一正氏をゲストに招き、その創作の秘密にも迫ります。
日時 4月23日(土)10:30~
会場 展示室
料金 300円(ワンドリンク付き)

・なつかしい未来 新しい過去~湊剛の60年の音楽の旅
「みんなの歌」「若いこだま」「サウンドストリート」など、70年~80年代の若者世代へ大きな影響を与えた音楽番組の数々。その仕掛け人である、元NHKディレクターの湊剛氏をお招きして、60年間に渡って旅してきた音楽の世界を語ります。日本の音楽シーンの過去・現在・未来が分かる、1日だけの特別レクチャー、どうぞお楽しみに!
日時 9月24日(土)14:00~
会場 アトリエ
料金 300円(ワンドリンク付き)※キラリ音楽祭のチケットをお持ちの方は無料

・〝ふじみ"の 食/syoku を再発見する
私たちの生活と切り離すことができない『食』。
全4回にわたり、こだわりの方法で富士見の食文化を支えている、食/syoku人たちをお招きし、それぞれの仕事について伺います。
知っているようで知らなかった地域の食の魅力を再発見。どうぞお楽しみに!
《Part.1》『時田農場のこだわりの仕事』
スピーカー 時田裕
日時 12月4日(日)14:00~
会場 アトリエ
料金 300円(ワンドリンク付き)

《Part.2》渋谷農園の志が目指す”農”
スピーカー 渋谷正和(渋谷農園)
日時 2017年1月21日(土)14:00~
会場 市民ラウンジ
料金 300円(ワンドリンク付き)

《Part.3》長く人気を保つ和菓子づくり
スピーカー 木内教夫(御菓子処 梅の家)
日時 2017年2月5日(日)14:00~
会場 展示室
料金 300円(ワンドリンク付き)

《Part.4》水耕栽培によるトマトづくり
スピーカー  新井則幸(新井トマトファーム)
日時 2017年2月18日(土)14:00~
会場 市民ラウンジ
料金 300円(ワンドリンク付き)

お問合せ 富士見市民文化会館キラリふじみ 049-268-7788
主催 公益財団法人キラリ財団


スケジュール

※今シーズンのキラリふじみのアトリエは終了しました。

インフォメーション

※今シーズンのキラリふじみのアトリエは終了しました。



前のページに戻る