年間プログラム

2018年01月26日 - こどもステーション☆キラリ:1月はこんな遊びをしたよ!

こどもステーション☆キラリ
2018年1月20日(土)10:00~12:00

 

キラリふじみの多田淳之介芸術監督(TJ)と一緒に遊ぶ『こどもステーション☆キラリ』。
今回は、多田芸術監督が外でのお仕事で富士見市にいないため、
NPO法人演劇百貨店の南波圭さん(=けいさま)と、南波早さん(=ちょば)と一緒に遊びました。

まずはウォーミングアップ!
「全員で、丸をつくろう!」

まわりを見ながらなんとな~く動いてカタチを整えて…丸が完成!

次は、三角。

いいじゃない!みんな!!

じゃあ、今度はしゃべったり周りと相談せずに形をつくってみよう!

お題は・・・「?」マーク

どこの部分?ここじゃないかな?あっちじゃない?

言葉を使わずジェスチャーで、お互いに指示を出していきます。

  

みんなの動きが止まったら、けいさまの最終チェック…ドキドキ…

「ばっちり!「?」マークですッ!」やった!

 

おつぎのお題は・・・「公園」!!
こどもたち「公園????????」

一体どうしたら…と悩んでると思いきや、どんどんいろんな公園のカタチがでてきます!

 

 

これはなにかな…?

圭さまが「風が吹くと、どうなりますか?」
と聞くと、横にゆらゆら…あ、木だ!

 

これは…?


「動いてみて!」とお願いすると、

「ザァァーー」と言いながら、うつぶせの状態で前に移動していく3人…

これはもしや…水!?
公園で水が出てくるといえば・・・・噴水だ!

 

おもしろいけど少しさみしいような・・・。

ということで、今度は噴水男子とほかの班でコラボしてみよう!

どうする?どうする?

各チームいろいろ考えて練習して、

 いざ、発表タイム!

噴水男子のうしろに、3人が縦に並んで…ウェーブのように前の人から順にしゃがんだり立ったり。

これはもしや、水が噴き出てる…!

 

ほかにも、

階段状の噴水

 

囲いのある噴水

 

時間になるとくるくると水がまわっていく噴水

 

いろんな種類の噴水コラボが生まれていくと、
俺たちも新しいのつくりたい!と触発された噴水男子。
改良した動きをみんなに披露!

・・・。
勢いある噴水になったけど、写真はブレました・・・(泣)
ごめん・・・。

 

休憩を挟み、みんなで残りの時間をなにするかの相談タイム。

外で遊びたい!

また体でいろんなものつくりたい!

工作したい!

 

多数決の結果、体でいろんなものをつくりたい人と、工作したい人が多かったので、
つくった作品で体を使って遊んでみよう!

 

まずは工作タイム!

「時間無いよ~」とあせりながらも、友達と綿密に打ち合わせをして、
ちゃんと練習もして、いざ発表!

 

ドアの前に寝そべってスタンバイ…これは?

パカッとドアが開いて、中からポッポーという鳴き声が。


鳩時計だ!

 

お次は、

ウサギがちょこっと登場し、すぐに糸電話での会話が始まります。

「ウサギが脱走しました!」

「ウサギなら、東京〇区の〇号室に逃げ込みましたよ」

密告され、ウサギはあえなく捕獲。
しかし、密告した人物は謎に包まれたまま…

いったい誰だったの…!?

 

怪物とガンマン。

華麗な射撃の腕前で、見事に怪物を倒します。

じつは・・・

ピアノの上のものはどかして、みんなが見やすいように動くなど、圭さまによる熱い演技指導が行われました。

 

お次は・・・

3人が上に重なり

 

そのうえにミカンが添えられ、

そして、みんなでおみくじを引き始める…
これは…

お正月だ!

門松や鏡餅など、素敵なお正月飾りがいっぱい!

 

次は。森に釣りをしに来た女の子のものがたり。

幻の金の魚を狙うがなかなか釣れず…

本当は金の魚が釣れる筋書きだったけど、残念ながら最後まで釣れず。

「練習では釣れたのにー」と力尽きてバタンキュー笑
よくがんばったね。

 

工作をして終わるのではなく 、カラダを使ってどう遊ぶのかを考えて、形にして、
さらにそれを見ている人に伝わるように変えていく。

これが「えんげきづくり」の最初の一歩。
体を動かして、頭使って、工作して、本当に盛りだくさんの1日でした。

 

次は何して遊ぶ?

キラリふじみで待ってるね。

 次回、2月のこどもステーションは定員に達したため、申込受付を終了しました。
3月は10日(土)に開催、申込は2月10日(土)より開始します。
プログラムの詳細はこちらをご参照ください。

お問合せ