年間プログラム

2017年03月13日 - こどもステーション☆キラリ:3月はこんな遊びをしたよ!

こどもステーション☆キラリ
日時 3月12日(日)10:00~12:00

キラリふじみの多田淳之介芸術監督(TJ)と一緒に遊ぶ「こどもステーション☆キラリ」

今日は、TJが県外でのお仕事のため、市内出身のアーティスト山内沙紀さん(ちょす)と一緒に遊びます。ちょすとは、昨年1月のこどもステーションで「○○なカブをつくろう」で一緒にものがたりをつくって遊びました。

さてさて、今日は何をして遊ぶのかな…???

 

部屋に入るといつもと違う雰囲気が…。
まずは映像を見ます。
タイトルは・・・


                                               

 

「縄文クジラ☆キラリの伝説」
 何かが起こる!?海を作ろう!

 

はるか昔の縄文時代、富士見市には海が広がっていました。そこにはキラリという巨大クジラが住んでいて、夜になると時折、姿を現し美しいカラダの模様を光らせながら泳いでいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところがある日、キラリは誤って浅瀬に乗り上げてしまいました。海に戻れなくなったキラリ。人々はみんなで力を合わせて、キラリを海に帰してあげたのです。

それ以来、みんなで力を合わせて海を描くと、不思議なことが起こるようになりました。

 

 

 

 

 

 

 

映像が終わり、一斉にみんなが振り返ります。
「もう終わり!?」「短い!!」

苦笑いのちょす…(笑)

 

いやいや、今日は映像を見るんじゃなくてね、
「海をつくろう!」なんですよ!!

ピンク・水色・クリーム色の淡い3色の絵具を使って、

大きな紙に海を描きます

 

よーい、スタート!!

  

 

何を使って、色を塗っているかわかりますか?

そう、スポンジと雑巾!おもしろーい!!!

中には…

手で塗りだす子供たちも出現。

 

いったん手をとめて、遠くから見てみると・・・

まだ上の方や下の方が濡れていないことが分かります。

さぁ、もう一回だ!!

届かないところは、持ち上げてもらったり、雑巾を投げつけるという荒技を…(笑)

 

よし、できた!

うん、いい感じ。

色が混ざりあって、三色で塗ったとは思えないカラフルさです。

 

さらに、、、、

今度は、いろんな形の筆と絵具を一人ずつに配布。

 海に住んでいる生き物たちを描いていきます。

  

 

 

 

 

かんせ~い!!!

 

さてさて、みんなで力を合わせて、海を描くと、何が起こるんだっけ!?

 

こどもたち「なんだっけ・・・????」

ちょす「えぇぇぇぇ~(泣)!!!」(笑)

 

思い出せないなら仕方ない、ひとまずみんなでカウントダウン!

「3・2・1」

キラリだ~!!!!

 

キラリはどんな姿で泳ぐんだっけ?

 

こどもたち「なんだっけ・・・???」

 

・・・・・・・・。
みんな、頼むよ~~~~。

光るんです!!!!

きれい!!!

 

 自分で描いた生き物を照らして説明。

 

 

ダイオウイカにクリオネ、うつぼ、タコ、ヒトデ、クラゲ・・・

たくさんの生き物が住んでいる海になったね。

 

最後に記念写真をとって、あっという間に2時間が終了。

いつもと違う大きな紙に、いつもと違う絵具や筆を使って描いてみたら、

上手/下手ではなくて、絵を描く楽しさを感じていたこどもたち。

 

今日は、この超大作をみてほしい心が生まれたようで、

迎えにきたお母さんをひっぱりこんで、楽しそうに説明をしていました。

 

今日もたくさん遊んだね!
次は何して遊ぶ?
新年度になって、1学年あがったみんなと遊ぶこと、楽しみにして、
キラリふじみで待ってるよ~!

 

※4月のこどもステーション☆キラリは定員に達したため、申込受付を終了しました。
 5月は13日(土)に開催、申込は4月10日(月)より開始となります。

 

  

 

お問合せ