活動の詳細

日本・フィリピン共同制作『KIN-BALL(キンボール)』(仮):出演者募集

日本・フィリピン共同制作『KIN-BALL(キンボール)』(仮):出演者募集

========================
キラリふじみ×東南アジア=舞台芸術コラボレーションvol.3 
日本・フィリピン共同制作
『KIN-BALL(キンボール)』(仮)
作:田上豊 KATANYAG JOANNA MARIE
演出:田上豊
========================

キラリふじみが3ヶ年にわたり行ってきた、東南アジアとの舞台芸術のコラボレーションの第3弾。
今回は、当館のアソシエイト・アーティストの田上豊が中心となり、日本とフィリピンのアーティストによる国際共同制作に挑みます。
「キンボールスポーツ」の日本とフィリピンのナショナルチームが集う国際合宿を舞台に、ナショナリズム、アイデンティティ、コミュニティのあり方…。様々な葛藤と混乱の中、事態は目まぐるしく展開していく…。

この作品の中核を担う一部出演者を募集します。ご応募お待ちしております。

===
キンボールスポーツ…直径122cm、重さ約1kgのボールを使い、ヒットやレシーブを繰り返すスポーツです。
参照:一般社団法人日本キンボール連盟 http://www.newsports-21.com/2015web/
===

日程 公演 2019年6月6日(木)~9日(日)4~5ステージ(予定)
   会場 キラリふじみ・マルチホール

稽古 2019年5月~6月
   ※稽古はキラリふじみで行います。 

※オーディションの日程は、下記「選考方法」をご参照ください。
参加条件 ・演技経験のある方
・オーディション・稽古・本番等のすべてのスケジュールを優先して参加出来る方。
・未成年の方は保護者の同意が必要です。

◎募集キャストと人数◎
(1)キンボール日本代表選手候補役…若干名
  →18歳以上、30歳以下の方、またはその年齢に見える男性
(2)キンボールフィリピンチームに所属の通訳者(日本人とフィリピン人のハーフ)役…1名
   →日常会話程度の英語力のある女性
選考方法 1次:書類選考   12月16日(日)必着
2次:面接・実技  12月26日(水)
3次:ワークショップ形式 12月27日(木)
申込方法 専用の申込用紙に写真添付のうえ、キラリふじみに郵送または直接来館にて
◎専用の申込用紙はこちら
※A3サイズにプリントアウトしてご使用ください。

◎申込期間 11月10日(土)~12月16日(日)必着
申込締切 12月16日(日)必着
主催・申込 申込
富士見市民文化会館キラリふじみ
『KIN-BALL』(仮)出演者募集係
〒354-0021
埼玉県富士見市大字鶴馬1803-1

*休館日はこちら

主催
公益財団法人キラリ財団 国際交流基金アジアセンター
備考 ・出演に際して、若干の出演料・交通費をお支払いします。
・チケットノルマなどの上演に付随する負担は一切ありませんが、 宣伝 ・ 集客にご協力をお願い
します。
・提出いただいた申込用紙等は返却できませんので、 ご了承ください。
・合否の結果は、 決定次第こちらからご連絡いたします。
備考 お問合せ
富士見市民文化会館キラリふじみ
tel 049-268-7788
プロフィール 田上豊
劇作家/演出家/田上パル主宰。1983年熊本県生まれ。桜美林大学文学部総合文化学科卒業。在学中に劇団「田上パル」を結成。方言を多用し、疾風怒濤の勢いと、遊び心満載の舞台は「体育会系演劇」とも評される。高校生や大学生とのコラボレーション、市民劇団への書き下ろしなど、プロアマ問わず、創作を展開。
キラリふじみでは、2008年より3年間、キラリンク☆カンパニーとして劇団活動。2011年4月よりアソシエイト・アーティスト。『合唱曲第58番』(2011年)、『Mother-river Homing』(2012年~2014年)、『奇想曲第58番』(2015年)、『Mother-river Welcome-華麗なる結婚-』(2016年)、『僕の東京日記』(2017)を発表。リーディングでは、『胸騒ぎの放課後』(2014年1月)、『夏の夜の夢』(2014年)、『雨の夏、三十人のジュリエットが還ってきた』(2016年2月)、『Mother-river Homing』(2016年8月)を上演した。
一般財団法人地域創造登録アーティスト。青年団演出部所属。
2019年4月より、白神ももこ氏(振付家・演出家・ダンサー)とともに、富士見市民文化会館キラリ☆ふじみ芸術監督への就任が内定している。

年間プログラム
お問合せ
プログラム一覧へ戻る