活動の詳細

キラリふじみのアトリエ 東京デスロック+第12言語演劇スタジオ『가모메 カルメギ』関連企画 『2人の作品づくり、これまでとこれから。』

キラリふじみのアトリエ 東京デスロック+第12言語演劇スタジオ『가모메 カルメギ』関連企画 『2人の作品づくり、これまでとこれから。』

キラリふじみでは、7/27(金)、28(土)に多田淳之介芸術監督が主宰する東京デスロックと韓国の第12言語演劇スタジオによる『가모메 カルメギ』を上演します。
 この作品は、アントン・チェーホフ作『かもめ』をベースに1930年代の朝鮮を描き、2013年に韓国で初演され、韓国で最も歴史と権威のある東亜演劇賞で各賞に輝きました。
 創作の中心を担う、演出の多田淳之介さんと、脚本・演出協力のソン・ギウンさんは、2008年から日韓の演劇作品創造のコラボレーションに持続的に取り組んでいて、2015年に当館のレパートリーとして創作上演した『颱風奇譚』は記憶に新しいところです。
 今回のアトリエでは、このお二人を招き、『가모메 カルメギ』の創作・上演に関することはもちろん、二人のこれまでの共同作業やこれからの展望など、幅広くお話を伺います。

 

スピーカー 多田淳之介(演出)×ソン・ギウン(脚本・演出協力)

日程 2018年7月23日(月)19:00~
会場 アトリエ
参加費 300円(ワンドリンク付き)
『가모메 カルメギ』公演チケットをお持ちの方は無料
申込方法 当館まで、直接来館、電話または下記オンライン申込よりお申込みください。
オンライン申込 オンライン申込み
※複数人でお申し込みの場合は、「その他」の欄に、
 ご同伴者さま全員分の「氏名」を記入してください。
主催・申込 富士見市民文化会館キラリふじみ
(公益財団法人キラリ財団)
〒354-0021
埼玉県富士見市大字鶴馬1803-1
tel 049-268-7788
助成 一般財団法人地域創造

文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)
独立行政法人日本芸術文化振興会
プロフィール 多田淳之介
演出家、俳優。東京デスロック主宰。一九七六年生まれ、千葉県柏市出身。二○一○年四月より、富士見市民文化会館キラリふじみ芸術監督に就任。俳優の身体、観客、劇場空間を含めた、現前=現象をフォーカスした演出が特徴。古典から現代劇、パフォーマンス作品まで幅広く手がける。
「演劇LOVE」を公言し、地域、教育機関でのアウトリーチ活動も積極的に行い、韓国、フランスでの公演、共同製作など国内外問わず活動する。俳優としても他劇団への客演や、映画、TVドラマにも出演。二○一三年、日韓共同製作作品『가모메 カルメギ』で、韓国の演劇賞「第五○回東亜演劇賞」を受賞。これまでのキラリふじみ・レパートリーに、『あなた自身のためのレッスン』(二〇一二、一三)、『ハムレット』(二〇一三)、『奴婢訓』(二〇一四)、『颱風奇譚』(二〇一五)がある。

ソン・ギウン
(成 耆雄 / 성 기웅 / SUNG, Kiwoong)
劇作家、演出家。第十二言語演劇スタジオ 主宰。一九七四年生まれ。
二〇〇六年から本格的に劇作、演出活動を開始。慣習的な感情表現から脱皮した繊細で緻密な作品作りで注目を集める。いわゆる植民地支配下のソウルを微視的に描く一連の作品や平田オリザの「科学」シリーズの翻訳・演出作品などを発表。大韓民国演劇大賞優秀作品賞、ドゥサン・ヨンガン芸術賞(公演芸術部門)、今日の若者芸術家賞(演劇部門)などを受賞。
一九九九年、交換留学生として来日して日本語を学び、平田オリザ、野田秀樹、多田淳之介など、日韓現代演劇の交流や共同制作、日本の現代戯曲の翻訳にも携わっている。多田淳之介演出の『가모메 カルメギ』(二〇一三)の脚本では、アントン・チェーホフ原作の『かもめ』を一九三〇年代の朝鮮を背景に日本語と朝鮮語とが混ざり合う戯曲へ置き換え、近作『新・冒険王』(二〇一五)では、平田オリザとの共同脚本・演出で、日韓の現代の姿を描き出した。

年間プログラム
お問合せ
プログラム一覧へ戻る