アソシエイトアーティスト 永井愛

アソシエイトアーティスト 永井愛

劇作家・演出家。二兎社主宰。

身辺や意識下に潜む問題をすくい上げ、現実の生活に直結した、ライブ感覚あふれる劇作を続けている。「ら抜き言葉」などの話し言葉に焦点を当てた『ら抜きの殺意』(テアトル・エコー)、知っているはずの人間との「初めての出会い」を描いた『こんにちは、母さん』(新国立劇場)、『見よ、飛行機の高く飛べるを』(青年座)などがある。

演出面でも、リアルな装置を舞台一杯に飾った写実的なものから、前衛的な抽象舞台を使ったものまで、趣向を様々に変え、常に演劇的冒険を心がけている。日本の演劇界を代表する劇作家の一人として海外でも注目を集め、『時の物置』、『萩家の三姉妹』、『片づけたい女たち』などが海外でリーディング上演されている。

»2011年4月より、キラリふじみアソシエイト・アーティスト。

前のページに戻る